ピルは通販が値段が安い

ピルは通販で安い値段で購入できます

ピルの値段通販の方が低価格

避妊効果の高い低用量ピル。低用量ピルは、一般的にOCやピルと呼ばれています、これからはわかりやすく低用量ピルを『ピル』と呼んでいきます。

 

きちんとピルを服用していれば約99%は避妊できます。
また、女性が自分の意思で避妊できるので男性にたよらず避妊できます。

 

また、ピルには女性の不調・悩みの改善ができるお薬です。

 

 生理の量が多い・生理痛などの月経困難症  PMS(月経前症候群)の軽減
 子宮内膜症や貧血 卵巣のう腫などの改善  卵巣がんや子宮がんの予防
 骨粗しょう症や脳動脈瘤の予防 ニキビ改善で美肌効果に期待も。

ピルは、病院で処方してもらうのこともできますが個人輸入サイトで通販することもできます。

病院でピルを購入する値段

ピル値段

 

病院で処方してもらうにはまず、産婦人科の受診が必要になってきます。

 

産婦人科を受診して診察をしてもらいピルを処方してもらいます。ピルの処方は保険適用外になるので自費診療になります。

 

産婦人科でのピルの値段としては診察代がかかり初診だと別途初診代で1万円ぐらいピル1シート(1か月分)大体2000円から3000円ぐらい合わせると1万2千円以上かかります。

 

病院によって値段は違うので1万5千円ぐらい用意しておけば大丈夫だと思います

 

ピルを通販で購入する値段

ピル通販

 

ピルを通販で購入する値段は、産婦人科の診察代などはいらないのでピルのみの値段になります。

 

産婦人科に行くとなる気が少し重くなってしまう、診察代などの予算がない、仕事や学校などで病院に行く時間がないという方におすすめなのが通販です。

 

ピル1シート(1か月分)1500〜3000円ぐらいです。

 

半年分や一年分などまとめて購入することもできます。また、まとめ買いをするほうが安い値段で購入することができます。個人輸入サイトから通販することでジェネリック薬なども購入できコストをおさえることもできます。
個人輸入サイトは自己責任での通販になるのでよく考えて購入をしましょう。日本では販売していないゼニカルなど人気の痩せる薬やAGA薬なども購入することができます。

ピル通販値段比較

 

ピル通販値段比較トリキュラー

 

ヤスミン値段最安値比較表

低用量ピル値段


ピルとは?

 

1960年代に初めてピルが登場した時にはピルに含まれているホルモン量が多く、血栓症などの副作用問題になっていました。
しかし、現在に至るまでに様々な研究によりこのホルモン量を減少させ副作用が少ない避妊効果の高いピルが開発されました

 

ピルは、エストロゲンとプロゲストーゲンが含まれておりこのエストロゲンとプロゲストーゲンが排卵をおこし避妊できるという仕組みになっています。

 

 エストロゲンの量が50マイクログラム(100万分の1グラム)より多いものを高用量ピル
 50マイクログラムのものは中用量ピル 
 50マイクログラム未満のものを低用量ピルと言います。

 

高用量ピルは、エストロゲンの量が多く最近では使われなくなってきています。

 

中用量ピルは、アフターピルと同じで緊急避妊薬として使われています。緊急避妊薬は、性交渉後72時間以内に服用し排卵するというもので時間を守らないと避妊効果を得ることはできません。

 

低用量ピルは、毎日のピルの服用が高い避妊を効果をもたらしてくれる女性が自分の意思でできる避妊薬です。

ピルの種類は

 

ピルの種類は服用方法や有効成分の配分量によって分類されています。

 

21錠タイプで21日間飲むエストロゲンとプロゲストーゲンが一定率入っているものを一相性ピルいいます。

 

一相性ピルは21日間ピルを飲み続け7日間服用を休むタイプと221日間エストロゲンとプロゲストーゲンが一定率入っているものを飲み7日間は鉄剤やビタミン剤からなる偽薬を服用する28錠タイプがあります。一相性のピルは飲み間違いがないので服用にミスが少ないピルと言えます。

 

21錠タイプ・28錠タイプのピルは月経困難症・子宮内膜症などの治療にも使われている薬です。

 

ピル21錠タイプ

 ピル28錠タイプ

 

生理周期による女性ホルモンの変化に合わせて量や配分比を変化させたものを『階段型ピル』といいます。

 

二相性ピル・三相性ピルはエストロゲンとプロゲストーゲンを段階よって変化させホルモン配合比を生理的なホルモンの動きに近づけているので体に優しいピルということになります。ですが確実な服用方法を守らなければいけません。

 

順番通りに服用をしないと不正出血が起こったり、避妊効果が低下してしまいます。

ピルの有効成分の配分量

一相性ピル

一相性ピル

 

21日間の服用中の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配分量は一定で変わりはありません。

 

段階型ピル

段階型ピル

 

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配分が、途中段階に分かれて異なり、服用する順番が決まっています。

 

ピルは怖くない

 

女性のためのピル

ピルと聞くとなんだか怖いなぁーなんて思う人がいると思います。

 

ピルを飲むと太る・がんになる・妊娠できなくなるなんて変な迷信みたいなことを信じている女性も多いはず、この迷信は何の根拠もないただの噂に過ぎません。

 

1999年9月から低用量ピルが発売され15年以上経ちます。実際にピルを使用している人の96.7%の人が満足していると答えているのです。

 

ピルは、女性自身が主導で避妊できるというのが最大のメリットそれに高い避妊効果があり、いろいろな病気の予防や改善に効果もあります。
美肌効果や更年期障害などにも期待できる薬なのです。

 

ピルは女性の体のためのことを考えると素晴らしい薬です!

ピルは女性の体を助けてくれる

女性には毎月、生理・排卵を繰り返し子宮・卵巣に負担をかけています。

 

昔の女性は妊娠・出産を多く繰り返して、妊娠している時・授乳期の時は排卵が止まっている時間が長いのに対して、現代では初潮も低年齢化が進み、出産の回数も少なくなり、閉経の年齢も高くなってきている現代の女性は、卵巣や子宮が酷使されています。

 

現代の女性のライフスタイルが子宮内膜症や卵巣がん・子宮がんに繋がってきているといえます。

 

ピルは現代の女性が抱えているこの状況を変えてくれるお薬です。

 

ピルで排卵を抑えることによって、生理を楽にして、卵巣や子宮をいたわり、自分の体を守ってくれます。

 

将来出産を考えている女性に妊娠の力を高めてくれることにもつながり、ピルを飲むことによって幸せな女性の将来に役に立ってくれます